読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月17日練習

20130217.jpg

大嶋浩太郎さん作曲、「燃え上がる緑」を説明するマエストロの図。

毎度毎度夜分遅くにすみません、中の人です。

ついに作曲の会「Shining」第5回記念作品展 vol.5 大江戸シンフォニックウィンドオーケストラ特別演奏会まで1週間を切ってしまいました!

大曲揃いの公演、更に前作初演!今から緊張です!

本日は、クロックワイズ・トイズの作曲者、槇 尭史(まき たかふみ)さんが練習に立ち会ってくださいました。

緊張感あふれる作品がよりいっそう引き締まった感じがします。

さて、大嶋浩太郎さん作曲の「燃え上がる緑」、タイトルどおり、木々や草などからの力をひしひしと感じる、とても情熱的な作品です。軽やかで疾走感のある力強さがありつつも、感動的な中間部は、生命の喜びすら感じられます。演奏していても、とても気持ち良いです。

どんな曲か気になる方、ぜひ、作曲の会「Shining」第5回記念作品展 vol.5 大江戸シンフォニックウィンドオーケストラ特別演奏会にお越しください!